誰でもわかる!カラコンの扱い方

サイズを選びましょう

バラエティストアや薬局などでも販売しているカラーコンタクトはカラーやサイズ、デザインが多彩で、買ってつけてみるとサイズが大きすぎたり、イメージと違ったなんてこともあります。さまざまなメーカーから豊富な種類のカラコンが販売されていますから、自分の目にあったものを選びましょう。カラコンを選ぶ際はまず着色直径が重要です。直径のサイズが同じ場合でも、着色直径が違うとつけてみた時の大きさが変わることが多いです。着色直径で13.0以下の場合は眼科でも販売されているカラコンが多く、裸眼と相違ない仕上がりで周囲にばれにくい自然な大きさです。13.0から13.3の場合は、自然ですが裸眼よりは可愛く見せたい人におすすめで、会社や学校での使用にもぴったりのサイズです。着色直径が13.3から13.5のサイズは、しっかりメイクをしている方や大きく見せたい方に最適なサイズです。

カラコン使用時の注意点

サイズも重要ですがデザインや色によっても印象が随分変わります。ブルーやグリーン、同じブラウン系でもチョコやヘーゼルなどカラーのバリエーションも豊富です。いつもと違うカラーを選び、イメージチェンジをしてみるのも良いでしょう。カラコンの装用時間は初日は4時間から6時間くらい、二日目は6時間から8時間くらいと少しずつ慣らしながら装用時間を伸ばしていきましょう。特に、目が乾きやすい方や敏感な方は無理はしないことが大切です。カラコンの装用時間は人によってそれぞれ異なりますが、一日12時間以内にしておきましょう。カラコンをつけている時の目の角膜は、涙不足で酸素不足の状態になっています。また寝ている間は涙や酸素はほとんど出ないため、カラコンを入れたまま眠るのは危険です。睡眠や仮眠の前には必ず外しておきましょう。