激安カラコンの落とし穴

激安カラコンは日本の安全基準を満たしていない可能性が!

激安カラコンの落とし穴とは、日本の安全基準を満たしていない可能性があることです。日本では、高度管理医療機器として承認番号を取得したものを販売できます。しかし、この承認を取得する試験には費用がかかるため、受けない業者もいるのです。承認を受けた後の出荷では、レンズ直径のズレが1mmも許されず、都合よく作るためには承認を受けずに激安で販売するところもあるでしょう。特に、日本では未承認の輸入したカラコンに多くみられます。海外では承認を受けていても、日本の基準に沿っていないものもあるので気を付けましょう。日本で承認されたカラコンならトラブルがあっても保証されますが、未承認の激安カラコンは保証が受けられません。

激安カラコンでの被害を防ぐために

激安カラコンでの被害として色素が溶けてきた、大きさが合わない、厚みがあるなどがあります。特に、洗浄液にてこすり洗いをしていると、色素が溶けてくることがあるようです。しかし、製造方法の表示には、色素が溶けない方法を記載しています。よって、誤った製造方法を記載して消費者を安心させていますが、危険な製造方法で作っている可能性があるのです。色素が溶け出せば、目にかゆみや充血などの影響を与えます。場合によっては、視力にも影響するので気を付けましょう。激安カラコンの被害を防ぐためには、日本の承認番号が記載されているか確認することが大切です。また、お手入れも含めて清潔に使い、何度も使い回すことのないようにしましょう。